よくあるご質問

よくあるご質問

IFA法人MK3株式会社について

Q. IFA法人MK3株式会社ってどんな会社ですか?
A. 内閣総理大臣から認可を受けた金融商品仲介業者です。 IFA(独立系ファイナンシャルアドバイザー)として活動しています。 他の IFA業者に比べ法人資産運用に強みを持ち、 IFAがチームで資産運用に携わり研究をしているのが特徴です。金融商品に特化しているために保険などは取り扱いがありません。金融商品仲介業者のしくみはこちら
Q. IFAとはなんですか?
A. 独立系のファイナンシャルアドバイザーです。特定の金融機関から中立公正な立場で資産運用のアドバイスを行います。 IFAについて詳しくはこちら
Q. 無料のサービスが多いようですが大丈夫ですか?
A. IFA法人MK3株式会社はおかげさまで個人および法人のお客様ですでに多くの金融資産をSBI証券、楽天証券を通じて管理させていただいております。その売買手数料や保有による手数料、債券の発行体からの手数料などが各証券会社に入りその一部を報酬として運営されており、そこから無料サービスのコストを賄っております。
Q. 大手の金融機関との違いはなんですか?
A. 大手金融機関は様々な対応ができるように部署が多岐に渡り定期的な転勤があります。MK3はバックオフィス業務を契約している各証券会社が行うため、資産運用に関わる業務だけに特化したプロ IFAの集団です。また、メンバーの IFAがチームで資産運用に携わりそのチームおよび IFAは代わることがありません。(転勤はありません)担当 IFAが代わらないことで資産運用レベルが担保されます。

セミナーについて

Q. 参加費はかかりますか?
A. 参加費等は一切かかりません。すべて無料です。
Q. 資産運用や金融商品について全くわかりませんが、大丈夫でしょうか?
A. まずは運用担当者初級者セミナーなどからご参加ください。難しい言葉をなるべく使わずに解りやすい説明を心がけております。また、よくわからなかったところについては後日お聞きいただくこともできます。
Q. 忙しく遠方なのでセミナーに参加したくてもできません。何かいい方法はありませんか?
A. セミナーお申し込みフォームから「無料出張セミナー」をご依頼下さい。できる限り対応いたします。

金融商品仲介業者(IFA)について

Q. 金融商品仲介業者とはなんですか?
Q. SBI証券と楽天証券はどの様な証券会社ですか?
A. SBI証券と楽天証券はいわゆるインターネット証券ですが、対面ビジネスの有効性から金融商品仲介業者(IFA)に力を入れています。大手証券と遜色のない商品ラインナップであり、特に投資信託についてはどちらの証券会社も2000銘柄以上の取り扱いがあり大手証券よりも選択肢は豊富です。

対応可能なお客様の範囲について

Q. 対応可能な法人は?
A. いわゆる公益法人(学校法人、宗教法人、財団法人、社団法人、健康保険組合、国民健康保険組合、労働組合)が中心ですが、金融法人、事業法人の資産運用にも対応しています。
Q. 対応可能な地域はどこですか?
A. 日本全国対応が可能ですが、離島などはご相談しながら対応させていただきます。テレビ電話やインターネットを活用することで幅広く対応が可能です。
Q. 個人投資家は取引できませんか?
A. 大変申し訳ありません。個人のお客様はご紹介のみ承っております。

実際のお取引について

Q. 実際に取引する場合はどのような投資対象がありますか?
A. 各種債券、投資信託(2000銘柄以上)、外国投資信託、株式、外国株式、ETF、外貨取引など通常大手証券会社で扱っている投資対象となります。特に投資信託の選択肢は大手証券に比較して非常に多いです。MK3が契約している証券会社(SBI証券または楽天証券)にて取り扱いがある投資対象に限られます。
Q. 実際のお取引では手数料が発生しますか?
A. 無料セミナー、セカンドオピニオンサービスなど各種お問い合わせやそれに対するコンサルティングやアドバイスなどは全て無料です。弊社を通じてSBI証券および楽天証券にお客様が証券口座を開設し実際に金融商品に投資されると各証券会社にて所定の手数料が発生することになります。弊社に直接お支払いいただく手数料などは基本的にありません。
Q. SBI証券や楽天証券の売買手数料水準はどれぐらいですか?
A. 公益法人様がMK3を通じてSBI証券または楽天証券に口座開設を行い有価証券の売買を行う場合、売買手数料の割引を行っています。詳細はMK3にお問い合わせください。
PAGE TOP