資産運用アドバイス

資産運用アドバイス

中立・公正な立場で活動するIFAがお客様の話をじっくり伺い資産運用のアドバイスを行います。
債券運用、投資信託運用、株式運用など多岐にわたりアドバイス、ご提案することが可能です。
金融のプロIFAが商品性やリスクを検討しベストな組み合わせを提案いたします。
IFA法人MK3株式会社(以下MK3)は金融商品仲介業者であり、
実際に証券口座の開設(SBI証券または楽天証券となります)から投資対象の選定、
そして実際の投資の実行までワンストップでお手伝いもできるので安心です。
IFAがお客様の金融資産運用の顧問アドバイザーとして無料でお手伝いいたします。

債券運用提案

公益法人様の資産運用では古くは国債への投資が主力でした。超低金利が長期化するにつれて利回りの高い国債が償還を迎え、社債や仕組債、外国債券などにまで投資対象が拡大してきました。
債券運用はクーポンや利回り、年限だけではなく格付けなどクレジット分析が重要となります。
また、仕組債ではリーマンショック時にも大きな問題になったように予想外のマーケットの動きによって大きな損失を被ります。そのためその仕組みを十分理解しポートフォリオ全体に対する影響度を図ることでリスク管理を行う必要があります。
MK3のIFAは国債、社債、外国債券、サムライ債、ユーロ円債、仕組債など様々な債券運用に精通しています。まずはMK3のIFAにご相談ください。

投資信託運用提案

投資信託は少ない資金で分散投資が可能で通常投資が難しい投資対象(オルタナティブなど)にも投資できて為替ヘッジもできるという優れた投資対象です。
しかし、投資信託の分析は本来大変難しく定量評価に加えて定性評価やファンドマネージャーの評価体系や運用会社の資本関係などまで分析する必要があります。投資対象となる投資信託は長期にわたりその動きや運用方法を観察し評価していく必要があります。
MK3は30年に渡り投資信託分析に携わったIFAが中心になっております。 10年を超えて安定的に運用をされてきた投資信託を継続的に分析し観察してきました。
IFAにしかできない本当の長期投資をご提案しています。

株式運用提案

公益法人様の資産運用では株式運用をされているのはまだ少数と言えるでしょう。
しかしながら、欧米のエンダウメントモデルにおいては成長性のある株式や配当利回りの高い株式への投資は有効な運用手法として認識されております。
MK3では、特にバリューとトレンドを重視した株式運用を提案しております。
昨今の金融業界には株式運用のプロが少なくなっていますが、MK3には30年に渡るキャリアを持ち株式運用においてリスク管理を重視した対応ができるIFAが在籍しています。
金融機関に対して株式売買のトレーニングの実績もあります。
ぜひ、MK3の経験と知識をご活用ください。

ぜひ、この機会に IFAによるアドバイスをご活用ください。

※MK3は投資顧問等ではなく内閣総理大臣の登録を受けた金融商品仲介業者です。セカンドオピニオンサービスやそれに関する解説、各種セミナー、その他ご提案などはすべて無料です。MK3を通じてSBI証券および楽天証券に証券口座を開設し商品の買い付け及び保有などが発生した場合、各証券会社において所定の手数料がかかる場合があり、その一部をMK3が各証券会社から報酬として受け取ります。MK3が直接お客様からいただく手数料などは一切ありません。

金融商品仲介業者のしくみはこちら

PAGE TOP