MK3の投資哲学

MK3の投資哲学

MK3の投資哲学

IFA法人MK3株式会社(以下MK3)は、資産運用コンサルティングにあたり、次のような投資哲学を基本としています。

「資産運用はサイエンスである」
「資産運用はリスク管理である」

MK3は資産運用をあらゆる面から科学的に分析しています。
個別銘柄の分析だけではなく世界経済や歴史、行動ファイナンス理論(行動経済学)やトレンドフォローの手法など幅広く研究分析しています。
資産運用においては、気分やミスターマーケット※に左右されることなく科学的な理論に基づいた行動をとることが重要です。
※ミスターマーケット:ウォーレンバフェットの師でもありバリュー投資の父ともいわれるベンジャミン・グレアムは、『ミスターマーケット』という人物が毎日株主の家のドアの前に現れて、毎日違う価格で株の売買を持ちかけてくる話を好んだ。
ミスターマーケットによって提示される価格は、しばしば妥当なように思えるが、それはまったく馬鹿らしい価格のときもある。
投資家は、彼の提示した価格に同意し取引してもよいし、彼を完全に無視してもよい。
いずれにしろミスターマーケットは、翌日も他の株式の価格を引き合いに投資を持ちかけてくる。
この話でグレアムが伝えたいことは、ミスターマーケットが気まぐれで提示してくる価格に振り回されてはいけないということであり、投資をする前に十分な分析(財務分析を重視)を行い、価格の上下に惑わされないで投資をすることを説いた。
この例は株式に関する内容ですが、債券など金融市場全体にも同じことが言えます。債券や金利でもミスターマーケットに惑わされないようにしなければいけません。

リスクとリターンは変化し、資産運用は敗者のゲームである

MK3は、良いパフォーマンスを追求するだけではなくリスク管理を重視した投資を提案します。期待リターンが高いものは、必ずしもリスクが高いわけではありません。また、同じ投資対象でも状況によって期待リターンが高まったり、リスクが低くなる場合があります。
リスク量は変化し、適切な対応をすることでコントロールすることができます。
MK3は、広く知られているモダンポートフォリオ理論だけではなく、キャッシュコントロールや成長力のある銘柄に長期に投資する手法を使いポートフォリオの提案をいたします。

「敗者のゲーム」の著者チャールズエリスは、資産運用がテニスやゴルフのようにミスを重ねることで敗者が決まり、勝敗がつくと言っています。
資産運用で安定的なパフォーマンスを出すには、大きな損失を出さないことが最重要です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
100万円で投資したものが、50%値下がりし50万円になってしまったとします。
トントンに戻るだけのためにどれだけ儲けなければならないでしょう?

答えは、100%です。
そう、50%の損失を取り戻すには100%のリターンが必要なのです。
リスクを管理して大きく負けないことが資産運用では大変重要なのです。

資産運用は「サイエンス」と「リスク管理」である

歴史や資産運用の賢者たちの資産運用を科学的に研究し、
リターンよりもリスク管理を重視するMK3の資産運用アドバイスは
皆様のお役に立てるはずです。

「全てのことには理由がある」

プロが運用しているはずのファンドの世界では、その多くが長期的にはインデックスにアンダーパフォームするといわれています。
その一方で、ウォーレンバフェットやピーターリンチのように、長期にわたりインデックスに勝つ投資家も存在しています。

なぜ、このようなことが起こるのでしょうか?
これらには全て理由があります。

プロが運用しているファンドの多くは、短期的な結果を求められたり、コストの問題などをかかえているため長期的には、インデックスをアンダーパフォーマンスしやすいのです。
このことは昔から指摘されてきたことであり、数々の研究からその原因も分析されています。

一方、ウォーレンバフェットやピーターリンチのような著名な投資家が高いパフォーマンスを出せるのは、投資対象の分析能力が高いだけではなく特殊なポートフォリオ管理や暴落などにも揺るがない精神力があるからです。

プロと言われる投資家も陥るワナや著名な投資家の運用手法を研究することは、資産運用においては大変重要です。

「資産運用は心理が影響している(行動ファイナンス理論)」

株式投資をする際に利益になったものをどんどん利食い、大きな含み損の銘柄ばかりが残ったりしていないでしょうか?
このように、ちょこちょこうまく利益を出してきたけど最終的なポートフォリオは含み損が大きいということはよくあります。
含み損のものが不思議と残ってしまうことは、行動ファイナンス理論と呼ばれる心理学を応用した経済理論で主な理由を説明できます。
一般的に人間は、損を嫌い利益は早く確定したくなるため、ポートフォリオには含み益のものが少なく大きな含み損のものが残る傾向にあります。(プロスペクト理論)
人間が普通に資産運用を続けるとそのような状況になることが当たり前なのです。

※プロスペクト理論:プロスペクト理論は、従来の投資効用理論では説明のつかない投資家の判断行動を現実に即した形で解明しています。
例えば、投資家は収益よりも損失の方に敏感に反応し、収益が出ている場合は損失回避的な利益確定に走りやすい。一方、損失が出ている場合はそれを取り戻そうとしてより大きなリスクを取るような投資判断を行いやすいとされます。
プロスペクト理論は経済学に行動ファイナンスや行動経済学という心理学を応用した新たな経済学の分野を切り開くものとなり、プロスペクト理論を展開したダニエル・カーネマン氏は2002年のノーベル経済学賞を受賞しています。

「歴史に学び長期的な視点で考える」

「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」

MK3では金融マーケットの歴史を知り、それを研究・分析しています。
金融マーケットは、バブルを作りそれが崩壊するなど同じような歴史を繰り返しながら、少しずつ変化しています。過去のバブルができた原因、その崩壊の理由や過程を分析するとことで、将来の大きな変化に備えています。経済と金利の世界でもデフレと低金利、インフレと高金利が組み合わされ交互に繰り返されてきました。
歴史に学ぶことにより、本来強気にならなければいけない暴落時に弱気になり、高値圏で強気になるということを防ぐことができます。
様々な研究の結果、MK3ではバブル崩壊のタイミングなどをつかむことは、難しいと考えています。
そのため不測の事態がいつ起きてもお客様が慌てなくてすむようにリスク管理を重視しているのです。

PAGE TOP